CytoQuest™ CR

血中循環腫瘍細胞 (CTCs)、癌幹細胞 (CSCs) および絨毛外栄養膜 (EVTs) のポジティブエンリッチメントと回収のための最先端のマイクロ流体システム

Abnovaの CytoQuest™CRは、血中循環希少細胞 (CRC) をキャプチャ、列挙、分離および検索に対する、非侵略システムです。解釈研究および臨床研究におけるCRCの3つの主要サブタイプは、血中循環腫瘍細胞 (CTC)、血中循環前駆細胞 (CPC) および血中循環胎児細胞 (CFC) です。CRC市場採用への挑戦は効率的で、再現可能な識別、単細胞の分離、および非常に純粋で実行可能なCRCの検索であり、規格化されたGMP級バイオ試薬の広いレパートリーに対応するアプリケーションを伴います。

CytoQuest™CRテクノロジーは、SCx™スパイラルチャンバー、HBx™マイクロミキサー、抗体を固定化したナノ配列およびTCx™熱制御を利用して、多数のCRC機能を可能にします。SCx™スパイラルチャンバーは、妨害を受けることなく、前処置された血液サンプルをナノ配列に送達できるよう、不粘性コイルと内蔵マイクロバイブレーターを備えています。HBx™マイクロミキサーは、細胞混合にヘリンボーン導管を提供します。CytoChipNanoは、レーザー顕微手術または顕微操作による細胞列挙や単一細胞分離のため、CRCをキャプチャするストレプトアビジン・ナノ配列です。CytoChipNano CRは、交互温度のTCx™熱制御経由でCRCをキャプチャおよびリリースする感熱型コーティングを持った、専門的なストレプトアビジン・ナノ配列です。

バイオマーカースイッチをCRC進行に適応させますよう、CRCの特定表面バイオマーカーを目標とするモノクローナル抗体は柔軟に置き換えられます。これは結果として、下流タンパク質の特性解析、遺伝子分析および細胞アッセイに非常に純粋かつ実行可能なCRCをもたらします。細胞列挙は一般に、乳がん、前立腺がんおよび結腸直腸がんの前兆マーカーとして唯一、食品医薬品局が承認するアプリケーションです。その一方で、CRCの効果的な単一細胞分離と検索は、診断および医薬品産業のアプリケーションに新たな展望を切り開きました。

 

 

CRC の亜類型

 

  • 血中循環腫瘍細胞 (CTCs)
  • 癌幹細胞 (CSCs)
  • 絨毛外栄養膜 (EVTs)


CTCの応用

 

タンパク質特性解析

  • 免疫蛍光 (IF)
  • Proximity ligation assay (PLA)

遺伝子分析

  • 蛍光In Situハイブリダイゼーション (FISH)
  • Polymerase chain reaction (PCR)
  • Comparative genomic hybridization (CGH)
  • Next generation sequencing (NGS)

細胞アッセイ

  • プライマリ細胞株構築
  • 複合スクリーニング


CytoQuest™ CR プラットフォームの利点

 

統合システム

  • ボトル貯槽
  • 流体ハンドラ
  • SCx™ 螺旋室
  • TBx™ 張力調整器
  • カプラー
  • HBx™ マイクロミキサー
  • チップ受容体
  • TCx™ 熱制御
  • タッチインタフェース

抗体ベースの細胞キャプチャ

  • 細胞列挙 (CytoChipNano)
  • 単一細胞分離 (CytoChipNano)
  • 熱細胞リリース (CytoChipNano CR)

 

CytoQuest™ CR

 

 

 




©2017 Abnova Diagnostics. All rights reserved.