よくある質問とその回答


ACTN4 IHC & FISH

Q: ACTN4 とは何ですか?
A: ACTN4 は細胞骨格プロテインアルファアクチニン-4の頭文字を並べたものです。ヒトゲノムでは遺伝子 ACTN4 によってエンコードされています。様々な臨床試験が癌細胞の侵襲能力と移動性との関連性を報告しています。
Q: ACTN4 上方調節により、どのような種類の癌が検出されますか?
A: 肺癌、乳癌、大腸癌、前立腺癌などの癌は、ACTN4 上方調節によって観察されています。
Q: ACTN4 IHC と FISH 分析との間の違いは何ですか?
A: IHC 分析は ACTN4 のプロテイン発現レベルを検出し、他方、FISH 分析は遺伝子 ACTN4 の複製数と染色体局在を検出します。
Q: IHC および FISH 分析に必要なサンプルの種類は何ですか?
A: サンプルは IHC および FISH 分析を実施する前に、ホルマリンで固定し、パラフィンに埋め込まれる必要があります。
Q: IHC および FISH 分析を実施するにはおよそどれくらいの時間を必要としますか?
A: IHC 分析は通常1日で完了することができ、他方、FISH 分析はそれより長く時間がかかり、通常読み出しに 2 日必要となります。

CytoQuest™ CR

Q: CytoQuest™ CR とは何ですか?
A: CytoQuest™CRは、血中循環希少細胞 (CRC) をキャプチャ、列挙、分離および検索に対する、非侵略システムです。CytoQuest™ CR テクノロジーは、SCx™ 螺旋チャンバー、HBx™ ミクロミキサー、抗体固定化ナノアレイ、そして TCx™ 熱制御を活用して、CRC 機能の多数を有効にします。循環希少細胞の特定の表面生体マーカーをターゲットにしたモノクローナル抗体は、CRC 進行において生体マーカーのスイッチを収容するため柔軟に置き換えられます。これにより、下流側のプロテインの特徴付け、遺伝子分析、細胞アッセイのために高純度の生存能力のある CRCs をもたらしています。
Q: CytoQuest™ CR の回収復率はどれくらいですか?
A: 当社の回収率は約 90% (+/- 5%) です。
Q: 採血から CRC 分離までの間の推奨される時間はどれくらいですか?
A: 血液サンプルは、6 時間以内に処理しなければなりません。
Q: CytoQuest™ CR の限界と感度はどれくらいですか?
A: CytoQuest™ CR は、107 細胞中 1 細胞の検出限界まで、循環希少細胞 (CRCs) 少量検出を強化しています。
Q: CRCs を効率的に分離するにはどれくらいの血液サンプルを必要としますか?
A: 2.5mL 程度の血液サンプルで CRC を効率的に分離することができます。
Q: CytoQuest™ CR は、フローサイトメトリーとはどのような違いがあるのですか?
A: フローサイトメトリーは、検出器を通過する際の蛍光信号によって細胞を検出し、ソートするレーザーに依存したテクノロジーです。他方、CytoQuest™ CR は抗体の事前染色や蛍光染色を必要としません。細胞は細胞表面に発現した特定の生体マーカーを認識することで、抗体による CytoQuest™ CR により捕捉されます。そのうえ、CytoQuest™ CR のミクロ流体システムにおける剪断力による細胞の損傷は、フローサイトメトリーと比べて小さく、これにより細胞の生存能力に利点を与えています。

©2017 Abnova Diagnostics. All rights reserved.