循環内皮前駆細胞解析受託サービス

Non-invasive, circulating epithelial progenitor cell (EPC) enrichment and enumeration for personalized health and age management.

上元株式会社(Abnova Diagnostics Japan)は循環内皮前駆細胞(EPC)サービスを興味がある医師、診療所、病院に提供する。弊社の臨床検査室は ISO15189 認証を受けており、私達は統合されたプラットフォームで全血から循環 EPC を効率的且つ再現可能な濃縮及び計数を行う。このような細胞ベース且つ非侵襲性液体生検は、老化、心臓及び血管の健康に関する循環 EPC を同定及び追跡するための精密ツールである。 フローサイトメトリーによる従来の循環 EPC 検出は、低感度且つ大きなばらつきがあり、このような希少細胞集団を測定する際に複雑な操作を必要とする。上元株式会社は、モノクローナル抗体 CD34+ / KDR+及び CD133+ / KDR+と組み合わされたより高度で簡単な細胞分離プラットフォームは循環 EPC の検出に適している。

検体条件


  • ヒト全血:最低 7.5 mL のヒト全血をヘパリンナトリウム採血管(緑キャップ)に室温で採取すること。
  • 運送:採血後、また配送時の温度は常温を維持すること。
  • 試験の時間:新鮮な細胞を保つためにサンプルは回収から 12 時間以内に試験を行うべきである。


全血分画、WBC 除去、EPC 捕捉、そして EPC 計数


  • 全血分画:密度勾配遠心分離機による検体調製。
  • WBC 除去:抗 CD45 磁気ビーズによる陰性濃縮。
  • EPC 捕捉:陽性濃縮による高親和性細胞捕捉。
  • EPC 計数:免疫蛍光による抗 CD34 + / KDR +及び抗 CD133 + / KDR +バイオマーカーの同定。


分析方法


  • 免疫蛍光(IF)
  • 突然変異特異的蛍光 in situ ハイブリダイゼーション (mutaFISH™)―ご要望のみ
  • サンガーシーケンス(SS)―ご要望のみ
  • 次世代シーケンシング (NGS) ―ご要望のみ


納品(7 営業日以内に発送)


循環 EPC サンプルの解釈レポートが提供される。

  • 循環 EPC を同定するために使用される抗体パネル。
  • バイオマーカー同定に基づいた循環 EPC の数。
  • お客様のご要望に応じたダウンストリーム分析用に単離された循環 EPC の数。
  • お客様のご要望に応じた追加のタンパク質バイオマーカーと遺伝子解析。


サービス


アイテム パッケージ 1 パッケージ 2 パッケージ 3 パッケージ 4
EPC 濃縮&計数
EPC mutaFISH™      
EPC 単離    
EPC 全ゲノム増幅    
EPC サンガーシーケンス      
EPC 次世代シーケンス      
毎サンプル総価額(USD/JPY) 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ

CytoQuest™ CR system, SCx™ spiral chamber, TBx™ tension balancer, HBx™ micromixer, and TCx™ thermal control are trademarks and pending patents of Abnova Corporation.
Cell-Surface Vimentin (CSV) antibody is a pending MD Anderson patent which has been exclusively licensed to Abnova Corporation.
mutaFISH™ is a pending trademark and patent of Abnova Corporation.



©2017 Abnova Diagnostics. All rights reserved.