循環絨毛外栄養芽層解析受託サービス

Non-invasive, circulating extravillous trophoblast (EVT) enrichment, enumeration, and isolation for prenatal diagnostic management.

上元株式会社(Abnova Diagnostics Japan)は出生前患者における循環絨毛外栄養膜細胞(EVT)を調査する医師及び臨床研究者にサービスを提供する。私達は洗練されたプラットフォームで高純度EVTを濃縮、計数及び細胞単離を行う。このような液体生検は、胎児細胞及びそれら完全な染色体組成による次世代の無侵襲的出生前診断(NIPD)のための革命的なツールである。現在無侵襲的出生前試験(NIPT)は、末梢血の断片化循環胎児DNA(cffDNA)13、18及び21トリソミーのみ分析する。

検体条件


  • ヒト全血:最低7mLのヒト全血をACD採血管(黄色キャップ)に室温で採取すること。
  • 運送:採血後、また配送時の温度は常温を維持すること。
  • 試験の時間:新鮮な細胞を保つためにサンプルは回収から6時間以内に試験を行うべきである。


細胞濃縮、計数、そして細胞単離


  • サンプル前処理:密度勾配遠心分離機による全血分画。
  • 陰性と陽性濃縮:負の抗体選択によるWBC除去及び正の高親和性選択によるEVT濃縮。
  • 細胞計数:免疫蛍光と蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)によるEVTバイオマーカーの同定。
  • 細胞単離:全ゲノム増幅(WGA)とダウンストリーム分析用マイクロマニピュレーターによるEVT単離。


分析方法


  • 免疫蛍光(IF)
  • 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)
  • アレイ比較ゲノムハイブリダイゼーション(aCGH)
  • 次世代シーケンシング(NGS)


納品(7 営業日以内に発送)


EVTサンプルの解釈レポートが提供される。

  • バイオマーカー同定に基づいたEVTの数。
  • ダウンストリーム分析用に単離されたEVTの数。
  • お客様のご要望に応じた追加のFISH、STR、高度な分子レベル解析。


サービス


アイテム パッケージ 1 パッケージ 2 パッケージ 3 パッケージ 4
EVT 計数
EVT FISH      
EVT 細胞単離    
EVT 全ゲノム増幅    
EVT STR    
EVT aCGH      
EVT 次世代シーケンス      
毎サンプル総価額(USD/JPY) 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ 問い合わせ

CytoQuest™ CR system, SCx™ spiral chamber, TBx™ tension balancer, HBx™ micromixer, and TCx™ thermal control are trademarks and pending patents of Abnova Corporation.
Cell-Surface Vimentin (CSV) antibody is a pending MD Anderson patent which has been exclusively licensed to Abnova Corporation.
mutaFISH™ is a pending trademark and patent of Abnova Corporation.



©2017 Abnova Diagnostics. All rights reserved.