FISHプローブ

FISHプローブ

FISH(蛍光in situハイブリダイゼーション)は、細胞と組織の具体的なDNA連鎖の存在有無を識別し、ローカライズするために用いられるテクニックです。Abnova Diagnosticsでは一連のFISHプローブを開発し、遺伝子増幅、損失、および移動を検出してきました。FISHプローブ製品にはそれぞれ、細菌人工的染色体 (BAC) ライブラリから生まれた一対の遺伝子座特異の、蛍光ラベルプローブがあります。私たちはFISHプローブ範囲拡張し続けており、お客様の研究ニーズを満たします。

利点


  • 迅速かつ敏感で特定検出向け二色プローブ
  • 分裂期中期のパラフィン包埋された凍結組織における作業
  • 遺伝子増幅、損失および移動の識別
  • ノイズ比率に対する高シグナル
  • 低交叉反応性

FISHプローブ産生に合った一般フローチャート


©2017 Abnova Diagnostics. All rights reserved.