膜タンパク質プロテオリポソーム


膜タンパク質を必要とされていませんか?弊社は、独自のリポソーム技術を組み合わせた強力なin vitro小麦胚芽発現系を用いて、お客様が興味を抱かれる膜タンパク質を生成しています。Abnova Diagnostic Japanは、創薬および検証研究を容易にするために、いくつかの重要なタンパク質ファミリーをカバーする膜タンパク質の大規模なコレクションを保有しています。



In Vitro小麦胚芽発現系+リポソーム技術


Abnova Diagnostic Japanの in vitro タンパク質発現系は、小麦胚芽の真核性の翻訳装置によるものです。小麦の胚は、翻訳のコンポーネントの全てを濃縮乾燥状態で格納し、発芽が始まるとすぐにタンパク質合成を準備します。従来の小麦胚芽抽出物では、RNA N-グリコシダーゼのトリチンや、チオニン、リボヌクレアーゼ、デオキシリボヌクレアーゼ、及びプロテアーゼといった他の翻訳阻害剤を含んでいました。これら阻害剤は胚乳に由来します。胚乳の汚染物質を除去するために小麦の胚をよく洗浄することによって高度な安定性と活性度を有する抽出物を得ます。

5'-cap 及びポリA末端を有するmRNAを独自のリポソームとの組合せにおいてこの抽出物とともに使用することによって、 in vitro 翻訳反応において、正確な構造に導き生物学的機能に不可欠なリポソームに捕捉された十分な量の膜タンパク質がもたらされます。このシステムは、従来用いられているタンパク質の発現プラットフォーム(例えば、 in vivo 系であって、低い収率と安定性をもたらす細胞膜の制約下にある、大腸菌、昆虫細胞、哺乳動物細胞)に比べて重要な利点を有しています。さらに、この in vitro 小麦胚芽発現系は、高スループット低分子や生物学的なスクリーニング及び特徴づけの自動化を行うのに適しています。

利点

 

  • より高い産出高
  • より優れた安定性
  • 高い発現成功率
  • ネイティブタンパク質構造
  • オートメーションに従順


カテゴリ

 

  • CD (Cluster of Differentiation) 分子
  • Gタンパク質共役受容体 (GPCR)
  • イオンチャンネル
  • トランスポーター


実演

 

CYBB protein
15ul/Lane

GPR84 protein
15ul/Lane

CXCR4 protein
15ul/Lane


Custom Membrane Protein Proteoliposomes

興味のある方は、お気軽にご連絡下さい :inquiry@abnovadx.com

©2017 Abnova Diagnostics. All rights reserved.